お知らせ(事務局から)

2014チャリティランナーの募集をしています

スタッフ

 東京マラソンでは2011年から“つなぐ”をテーマにチャリティを実施しています。2014年も「つなぐ」をコンセプトに11の寄付先の事業を設け、寄付およびチャリティランナーの募集をしています。

 チャリティランナーは、それぞれが共感する「寄付先事業」の活動に寄付することができます。この結果を尊重しながら各団体に配分されるため、一人でも多くの登録が団体ごとに必要となります。

 そらぷちキッズキャンプでは、昨年に引き続き支援先に選定いただきました。このチャリティに参加される方は、是非「そらぷち」と登録していただき「そらぷちキッズキャンプ」をご支援ください。また、ご家族やご友人にチャリティに参加される方がいらしゃいましたら「そらぷち」をご紹介ください。

 病気とたたかう子どもたちのために、みなさまのご協力をお待ちしております。

活動費支援に

ツリーハウス

 前回、頂いた寄付金は、難病の子どもと家族が参加するファミリーキャンプの開催と、車いすの子供でも楽しめるツリーハウス周辺エリアの整備、馬セラピープログラムの実施とサポートボランティア・施設の整備、自然エネルギーを使った医療用バックアップ電源の整備に使用します。

頂いた寄付金はキャンプ整備に使用します

チャリティランナーの参加方法

チャリティランナー

 2013年7月1日(月)午前10時〜2014年3月31日(月)午後5時までの間に10万円以上の寄付を申込み頂いた方の中でランナーとしての参加を希望された先着3,000人(定員に達し次第終了)がチャリティランナーとして参加していただくことができます。なお、法人によるチャリティランナーの申込も可能です。

 詳しくは東京マラソンのHP(チャリティランナーのページ)をご覧ください。

 

2013レポート

東京マラソン2013 EXPO会場でそらぷちのご紹介をしました。

 東京マラソン2013のEXPO会場(東京ビッグサイトにて開催)では、寄付先団体として、そらぷちブースのスペースを頂き、会場を訪れた多くの来場者へ活動の紹介やご協力についてアピールしました。また、そらぷちブースに訪れたチャリティランナーの皆さまにはそらぷち応援シールを配布し、マラソン当日にゼッケンにつけて走っていただきました。

2013東京マラソンEXPO会場そらぷちブースの様子

マラソン当日フィニュッシュ会場でチャリティランナーのみなさんをお迎えしました。

 東京マラソン当日は、キャンプ参加者で関東在住の子どもとその家族が、そらぷち応援団を結成し、ゴール近くの沿道で、大きな声で声援を送りました。多くのランナーの皆さんが、笑顔で手を振りながら、「ありがとう」と走ってくれました。子どもたちもランナーの皆さんに元気なエネルギーをもらっているようでした。

ゴール近くの沿道で、大きな声で声援を送りました

【東京マラソン2016チャリティのレポート記事を見る】 【東京マラソン2015チャリティのレポート記事を見る】

【東京マラソン2014チャリティのレポート記事を見る】 【東京マラソン2013チャリティのレポート記事を見る】

【東京マラソン2012チャリティのレポート記事を見る】 【東京マラソン2011チャリティのレポート記事を見る】

「ニュース&メディア TOP」へ戻る「東京マラソン2017年の募集」へ戻る

▲ページトップへ