お知らせ(事務局から)

募集をしています

スタッフ

 東京マラソンでは2011年から“つなぐ”をテーマにチャリティを実施しています。2012年も「つなぐ」をコンセプトに「明日」「家族」「未来」「命」「夢」「笑顔」の6つのテーマ別に協力団体を設け、寄付およびチャリティランナーの募集をしています(募集は締め切りました)。

 チャリティランナーは、それぞれが共感する「協力団体」の活動に寄付することができます。この結果を尊重しながら各団体に配分されるため、一人でも多くの登録が団体ごとに必要となります。

 そらぷちキッズキャンプでは、「家族」をつなぐというテーマで昨年に引き続きこの支援先に選定いただきました。このチャリティに参加される方は、是非「そらぷち」と登録していただき「そらぷちキッズキャンプ」をご支援ください。また、ご家族やご友人にチャリティに参加される方がいらしゃいましたら「そらぷち」をご紹介ください。

 病気とたたかう子どもたちのために、みなさまのご協力をお待ちしております。

活動費支援に

ツリーハウス

 前回、頂いた寄付金は、車椅子の子供でも楽しめるツリーハウスの建設と、難病の子どもたちが参加するキャンプの活動費のために使わせていただきました。
車いすでアプローチできるバリアフリー仕様のツリーハウス 2011年のキャンプの様子などはこちら

 平成24年8月24日(金)に「車いすで行けるツリーハウス」完成披露会が、東京マラソンのチャリティランナーやONE TOKYOプレミアムメンバー、東京マラソン財団の関係者らが集まり開催されました。当日は、ツリーハウスを製作いただいた、ツリーハウスクリエーターの小林崇さんにもおこしいただき、製作の経緯の説明や、ツリーハウスの前でテープカットを行い、その後参加者全員で完成したツリーハウスの見学をしました。

ツリーハウス完成披露会

 今後も、難病の子どもたちが参加するキャンプの活動費や、キャンプ・プログラムのための施設空間整備に使用させていただきます。

チャリティランナーの参加方法

チャリティランナー

 2012年8月1日(水)午前10時〜12月16日(日)午後5時までの間に10万円以上の寄付を申込み頂いた方の中でランナーとしての参加を希望された先着3,000人(定員に達し次第終了)がチャリティランナーとして参加していただくことができます(募集は締め切りました)。
 なお、今大会より、法人によるチャリティランナーの申込も可能になりました。

 また、2013年3月31日(日)午後5時までの間は寄付金のみの受付もしています(募集は締め切りました)。

 

2012レポート

東京マラソン2012 EXPO会場でそらぷちのPRをしました。

 東京マラソン2012のEXPO会場(東京ビッグサイトにて開催)では、寄付先団体として、そらぷちブースのスペースを頂き、会場を訪れた多くの来場者へ活動の紹介やご協力についてアピールしました。

2012東京マラソンEXPO会場の様子

「Thanks Meeting」でチャリティランナーのみなさまと交流ができました。

 EXPO開催期間中の2012年2月25日には、チャリティランナーと活動協力団体との交流のための、「Thanks Meeting」が開催され、そらぷちへ寄付をしていただいたランナーのみなさまへ感謝の気持ちと心ばかりのお礼のグッズをお渡ししました。

そらぷちに寄付をしていただいたチャリティランナーにこれまでのそらぷちの活動内容をご紹介しました

マラソン当日フィニュッシュ会場でチャリティランナーのみなさんをお迎えしました。

 マラソン当日は、ランナーがゴールして着替えや休憩をするチャリティラウンジで、お茶やおしぼりをお出ししたりして、ゴールしたランナーのみなさんをねぎらいました。また、フィニュッシュ会場のブース内でパネル展示などを行い一般のランナーの方への啓蒙活動をしました。

フィニッシュ会場でそらぷちのご紹介をしました そらぷちに寄付をしていただいたチャリティランナーのみなさん

【東京マラソン2015チャリティのレポート記事を見る】 【東京マラソン2014チャリティのレポート記事を見る】

【東京マラソン2013チャリティのレポート記事を見る】 【東京マラソン2012チャリティのレポート記事を見る】

【東京マラソン2011チャリティのレポート記事を見る】

「ニュース&メディア TOP」へ戻る「東京マラソン2017年の募集」へ戻る

▲ページトップへ