シリアスファンについて

そらぷちもメンバー(準会員)に

そらぷちもメンバー(準会員)に

 公益財団法人そらぷちキッズキャンプは今般、米国に本拠をおく、難病の子ども達とその家族の為の、国際的キャンプ団体シリアスファン・チルドレンズネットワーク(略称シリアスファン)から、「認定審査と2013年8月のキャンプ現地審査の結果、10月29日の理事会に於いて、当グループへのプロビジョナルメンバー(準会員)としての加盟を認めた」との通知を受領しました。

シリアスファン加盟になり、新しいロゴになりました

 シリアスファンは俳優、故ポール・ニューマン氏が米国に創設した、難病の子ども達とその家族のためのキャンプ場の世界的なネットワークであり、そらぷちキッズキャンプはその第16番目の、アジア(中東を除く)では最初の公認キャンプ場となります。

シリアスファン・チルドレンズネットワークとは

 1988年、俳優、故ポール・ニューマン氏は、難病の子ども達やその家族のquality of life(生活の豊かさ)の向上という希望を抱いて、世界最初の小児がん等の難病と闘う子ども達とその家族の為の医療支援体制を整えたキャンプ場を、米国コネチカット州に設立し、それをThe Hole in the Wall Gang Camp(ザ・ホールインザウォールギャング・キャンプ)と名付けました。
 この運動は米国のみならず、海外にも広がり、1997年には、ニューヨーク州、フロリダ州、アイルランド、フランスに同様のキャンプ場が出来ました。これらの公認キャンプ場を結び付けるネットワークとして、Association of Hole in the Wall(ホールインザウォール協会)が非営利公益法人として2001年に設立され、その後、カリフォルニア州、ノースカロライナ州、英国、イタリア、ハンガリー、イスラエルと、 世界中にキャンプ場が拡大しました。


シリアスファン・チルドレンズネットワーク



 2012年に名称をSeriousFun Children's Network(シリアスファンチルドレンズネットワーク、略称「シリアスファン」)と改称、現在は世界中16カ所に公認キャンプ場があり、1988年以降、39万人以上の子ども達とその家族の為のキャンプを行っています。それにかかわったボランティア・スタッフの総数は16万人にものぼっています(2014年時点)。

 シリアスファンのミッションは、「難病を乗り越えて、喜び・自信・新しい世界の可能性を見出せる機会を子どもたちと家族に無償で提供したい」というものです。公認キャンプ場のネットワークに加えて、グローバル パートナーシッププログラムと呼ばれる個別のプログラムも、アフリカ・アジア地域で展開しています。

「そらぷちとは」へ戻る「そらぷちとは」へ戻る

▲ページトップへ